きれいな髪の毛を作るならノンシリコンシャンプーがおすすめ

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

不飽和脂肪酸の豊富な油

オイル

不飽和脂肪酸とは

単に油といってもさまざまな物質があり、その中でも身体に良いとされるのが不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は脂質の材料のひとつで、エネルギー源や身体の構成成分となっているほかにも血中の中性脂肪やコレステロールの量を調整するなどの働きがあります。この不飽和脂肪酸は魚類や植物油に多く含まれており常温では液状の液体になります。一方で飽和脂肪酸は動物性の脂質に多く含まれ、人工的に作られたバターやラードなど常温で固形化する脂質になります。不飽和脂肪酸を摂取するメリットとしては常温で固まりにくい性質のため体内に取り込まれても身体への影響が少ないことがあります。特に飽和脂肪酸を摂取しすぎると血液中の脂質が増え固まりやすい性質から流れを阻害するリスクが高まります。

不飽和脂肪酸の含まれる油

不飽和脂肪酸が含まれる油としては青魚やオリーブオイルなど魚類や植物性の油に多く含まれています。その植物性の油のひとつで特に不飽和脂肪酸が多く含まれているのが亜麻仁油です。亜麻仁油は、成熟した亜麻の種から得られる油です。色は黄色っぽいもので空気に触れると固まる性質があります。亜麻仁油ではω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとして不飽和脂肪酸を多く含んでいるのが特徴といえます。亜麻仁油は古くから様々な用途に使われており食用はもちろん油絵の具やオイルフィニッシュワニスとして接着剤などにも使われてきました。亜麻仁油は通常の食用油としても売られており、ω-3脂肪酸を多く含むサプリメントの原料としても広く使われています。
ちなみに、食用以外でも亜麻仁油は様々なことに活用できます。例えば、髪の毛に塗ることでサラサラな美しい髪になることでも有名です。亜麻仁油を毎日の生活の中に取り入れてみることをおすすめします。